ネタバレ注意!おなかにいっぱいあやかしの種 3話 感想

HOME > おなかにいっぱいあやかしの種 3話 あらすじと感想

おなかにいっぱいあやかしの種 3話 あらすじと感想

産ませてやるよ・・・ 俺の子供!
おなかにいっぱいあやかしの種 3話はこちら
▼▼▼▼▼

【コミなび純稿】 あやかしの種 3話

昼休みの校舎裏、[あかる]と[犬上]が対峙する。
[あかる]は言った・・・
「犬上君の精子をください・・・」
「え・・・?」
ストレートに物を言う、[あかる]に戸惑う[犬上]。

[あかる]が本心から好きな[犬上]は、[あかる]が虐めにあい、
言わされているのかと考える。
「俺はお前とちゃんとしたい」そう訴える[犬上]。
拒まれて最初の精子集めに失敗する[あかる]。

そんな[あかる]に[リン]がアドバイスをする。
顔はロリ系だが、巨乳の[あかり]。
その乳使える・・・
武器はそのギャップと巨乳だ!
名付けて[生乳作戦]だ!

次の日作戦は実行された。
階段で対峙する[あかる]と[リン]。
[犬上]が下に居るのを確認し、[リン]が[あかる]にぶつかった。

ぶつかった反動を利用して、[犬上]に覆いかぶさる[あかる]。
[犬上]の顔面に、上手く胸を押し付ける[あかる]。
ベタな作戦だったが、とりあえず成功。
[犬上]は授業も実に入らぬ程、[あかる]の胸の感触に酔っていた。

無意識の内に[あかる]の胸を、目で追ってしまう・・・
タイミングよく、クラスの女子の陰口が聞こえる・・・
「あかるノーブラだよ」
「着けてくるの、忘れたんだって」
作戦と誘惑に落ちて行く[犬上]。

そして体育の授業の後、体育倉庫で二人っきりになった[あかる]と[犬上]が・・・
再度[犬上]の種を採取する事に挑む[あかる]。
はたして性向するのか?
よりエロくなっていく[あかる]から、目が離せません♪
 
佐藤沙緒理のあやかしの種 3話はこちらからどうぞ
▼▼▼▼▼
【コミなび純稿】 あやかしの種 3話

PAGE TOP