ネタバレ注意!おなかにいっぱいあやかしの種 7話

HOME > おなかにいっぱいあやかしの種 7話 あらすじと感想

おなかにいっぱいあやかしの種 7話 あらすじと感想

佐藤沙緒理おなかにいっぱいあやかし種
7話もめっちゃエロくておススメ!
▼▼▼▼▼▼

【コミなび純稿】おなかにいっぱいあやかしの種7話
更衣室で覗き見をしていた[あやかし]
その正体は[飛頭蛮]。
生徒会長の[葛 翔太郎]だった。

[飛頭蛮]のあやかしの種を採取したい[あかる]だが、
今までの[あやかし]とは、少し違う所が・・・

[あかる]の巨乳を押し付けようが、
何をしようが勃起しないのだ!

種を採取するためには、勃起は最低条件。
なにせ採取方法は射精させる事なのだから。

こまった[あかる]達に[飛頭蛮]は言います。
[リン]と[あかる]で「百合プレイをしてみろ

戸惑う[あかる]と対照的に[リン]はあっさり承諾。
招きよせられる[あかる]。
[リン]は[あかる]を全裸にし、
また覚悟を決めた[あかる]も[リン]を脱がします。

お互いの舌を絡ませあう二人
[あかる]のオ●ンコはキスだけで濡れはじめる
そんな濡れたオマ●コを[飛頭蛮]に見せつけ、
[あかる]を攻める[リン]。

艶かしく、激しくクリを愛撫し、
指を膣奥まで挿入し動かすと、
[あかる]の身体は正直に喘ぐ・・・

そんな姿を凝視する[飛頭蛮]に、
喜び溢れる[あかる]のオマン●を、
押し付ける[リン]。

[リン]の攻めは、指から言葉に・・・
どういきたい?・・・
何でいかせて欲しい?・・・
言葉で舐り続ける[リン]に[あかる]は、
リ・・・リンがして・・・ぇ・・・

[あかる]からの零れる声に、
更なる攻めを行う[リン]。
指で・・・舌で・・・言葉で・・・
様々な攻めに、[あかる]が我を忘れそうになった時、
[飛頭蛮]が!

新展開!
今までに無いプレイや攻めが出てきました♪
まるで恋人の様なプレイ。
それを覗き込む[あやかし]。
そして読者(私)も、恋人たちのプレイを覗き込むような気持ちになり、
なんとも言えない背徳感がたまりません♪
今後の展開を更に楽しみにさせる。
今回もゾクゾクとする程エロく楽しめます♪
 
佐藤沙緒理おなかにいっぱいあやかし種
7話もめっちゃエロくておススメ!
▼▼▼▼▼▼

【コミなび純稿】おなかにいっぱいあやかしの種7話

PAGE TOP