おなかにいっぱいあやかしの種 8話 あらすじと感想

HOME > おなかにいっぱいあやかしの種 8話 あらすじと感想

おなかにいっぱいあやかしの種 8話 あらすじと感想

佐藤沙緒理おなかにいっぱいあやかし種
8話を読むならココをタップ!
​▼▼▼▼▼▼

【コミなび純稿】おなかにいっぱいあやかしの種8話

色々とあったものの、順調にあやかしの種を採取する[あかる]。
しかし、[リン]は何やら納得がいかない様子。
[あかる]と[犬上]を前にした[リン]は、
[あかる]に、これからは厳しく行くと伝えます。

厳しく?・・・
未だにキョドってしまう[あかる]。
そこが萌え要素でもあるのですが、
そんな度胸の足りなさが、[リン]には気に入らないようです。

[リン]は[あかる]に一枚のリストを渡しました。
話が通じそうな[あやかし]のリスト・・・
話が通じそうって・・・いったい?・・・

ツッコミどころ満載ですが、
今回はこのリストに準じて、
[あやかしの種]を採取する事になった[あかる]。

先ずは[垢嘗]?・・・
[垢嘗]の正体は隣のクラスの[赤地伸二]。
名前の通り、人の垢を舐める事で興奮する、度変態です。

そして、次の[あやかし]は、[]。
[]の正体はサッカー部の[湖水七菜]。
蛇系の[あやかし]なのですが、性癖は[オナ見]・・・

しかも見せる方・・・
こんな[あやかし]達を、[あかる]は満足させられるのか?
無事に中だしされるのか?・・・
そして、物語の後半で[リン]との関係も、ギクシャクしてしまいます・・・

今回の[あやかし]達は、フェチ色強いですね!
今後は、どの様なエロエロワールドを見せてくれるのでしょうか?
新境地を迎える[あやかしの種]、今後が本当に楽しみです♪
 
佐藤沙緒理おなかにいっぱいあやかし種
8話はこちらから読めます!

▼▼▼▼▼▼
【コミなび純稿】おなかにいっぱいあやかしの種8話

PAGE TOP